鼻の病気からの頭痛は副鼻腔炎(蓄膿症)?

慢性化した鼻づまり(蓄膿症)による頭痛の症状、急性と慢性の副鼻腔炎による痛みの違いや症状の違いなどについて。

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは副鼻腔に膿が溜まる病気で、急性鼻炎やアレルギーなどが要因となり副鼻腔炎を発症します。副鼻腔は鼻の穴に繋がっている顔骨の中にある空洞部分です。副鼻腔炎は、一般的に蓄膿症と言われていますが、副鼻腔炎には急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎があり、慢性副鼻腔炎のほうを蓄膿症と呼ぶことが多いです。

なお、副鼻腔炎によって頭痛が生じますが、頭痛の原因すべてが副鼻腔炎とは限りませんのでご注意ください。

急性副鼻腔炎と頭痛

鼻づまり、膿のような鼻汁、発熱、頭痛、頬の痛みがあります。また前頭部と眉間などの顔面が痛くなり頭の上げ下げで痛みが増すこともあります。急性副鼻腔炎による頭痛は、片頭痛に似た症状であることが多く、また一説には片頭痛の人は副鼻腔炎になりやすいともいれていています。

慢性副鼻腔炎と頭痛

副鼻腔炎の症状が長引き、慢性化した状態です。気管支炎や匂いが分からなくなるなどの症状もあります。慢性副鼻腔炎は緊張型頭痛に似た症状であることが多く、特に午後に痛みが生じるケースが高いようです。重症になった場合は手術を行うこともありますが、通常は抗生物質や洗浄などの治療です。

点鼻薬と副鼻腔炎

鼻づまりとは無縁な方には馴染みが薄いですが、鼻づまりで悩んでいらっしゃる方は、医師に診てもらうのではなく、普段から市販されている点鼻薬を使って済ませる方が多いかもしれません。点鼻薬が悪いわけではありませんが、薬の説明書に書いてある限度を超えて、過度に使いすぎてしまうと逆効果になる可能性があります。過度に使いすぎると、より一層強い鼻づまりになることが多く、その上、鼻づまりを解消させるための点鼻薬の量も多くなってしまうという悪循環です。そもそも市販されている点鼻薬は一般的に鼻の粘膜の血管を収縮させて鼻の空気の通りを良くするものなので、医師から処方された副鼻腔炎の薬と同じではありません。

条件反射で鼻づまりを解消させる

鼻づまりを解消させたい側の鼻とは反対側の脇に物を30秒ほど挟むと良いですよ。例えば右側の鼻なら、左脇という風に。物がないときは脇に手を入れて挟みこむ感じです。両手でする腕組を片側だけにするイメージです。普段から鼻づまり状態なら効果はないかもしれませんが、一時的に鼻づまりになる方であれば、直ぐに鼻が通りやすくなる感覚が分かります。

耳鼻科で診察を受けましょう

鼻づまりが長引いたら、安易に放置しないで早めに耳鼻科に診察を受けませしょう。自分自身で市販薬などを用いて洗浄することもできなくはないですが、逆効果になることも多くあります。本人は治しているつもりでも、副鼻腔炎を悪化させる、または、もっと怖い疾病を誘発させる可能性が無いともいえません。

関連記事

ラムゼイ・ハント症候群と頭痛 - 顔面に痒みや麻痺などに伴う頭痛はラムゼイ・ハント症候群かもしれません。一刻も早く医師の診察を受けよう。

眼瞼下垂症による緊張型頭痛 - 眼瞼下垂症により、緊張型頭痛を発症することがある。眼瞼下垂症は、加齢によるものだけとは限りません。

眼精疲労による頭痛 - 眼精疲労で頭痛の症状が出ることが多い。眼精疲労は目が疲れただけと安心してはなりません。頭痛以外にもさまざまな病気の原因となる可能性があります。

目の病気からの頭痛は緑内障? - 緑内障は目の病気ですが、頭痛が起こります。慢性と急性の緑内障では頭痛の痛みや症状が異なります。特に激しい頭痛は緑内障が原因であっても急性であり、救急治療が必要なのです。

後頭部や顔が痛い神経痛の頭痛 - 慢性的な頭痛に悩まされながら、ときどき顔を針で突き刺したような痛みや後頭部がピリピリするような痛みが起こった。脳に異常があるのだろうか?

下垂体腫瘍による頭痛 - 頭痛とともに、視力低下、視力障害、疲労感や体調不良あったり、体の一部が急激に変化したら、下垂体腫瘍が原因かもしれません。

髄膜炎による後頭部頭痛 - 後頭部の頭痛と長期間の発熱は要注意。ただの風邪だと思っていたら、髄膜炎だったというケースが数多くあります。

脳内出血による頭痛 - 脳内出血による頭痛は、今までに経験したことが無いほどの激しい頭痛が起こるとは限らない。頭痛が殆ど感じられず、そのまま昏睡状態になる場合あり。

脳梗塞による頭痛 - 頭痛は軽いが手足のしびれや麻痺、意識を失う、脳梗塞。早期発見、早期治療を怠ると脳が回復できなくなる怖い病気。脳梗塞の予防とは?初期症状とは?

朝の頭痛は低髄液圧症候群? - 朝起きたときに頭痛がするが時間が経つと楽になる。横になると楽だけど、立っていると頭痛を感じる。頭痛は脳の病気の兆候かもしれません。

頭痛分類

片頭痛

片頭痛の特徴とは?兆候とは?痛みの周期を気にしたり、慢性的なものだからと諦めたりせずに対処しよう。時間と場所を選ばずに突然頭の血管が心臓になったかのように吐き気や嘔吐、ストレスと恐怖感が伴う激痛が始まります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛の症状とは?何に注意して対処したらよいのか?肩こりやめまい、片頭痛と合併しているケースもあります。ストレスを軽減しリラックスして楽になっても、その場しのぎだけでは安心できない頭痛です。

頭痛総合

何科で治療してもらえば良いのか迷いますので、症状を分類し、原因、病名、受診科などに総合的にまとめました。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など生命に危険が伴い緊急を要する頭痛から、その他疾病に起因する頭痛まで。

注目記事

片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の見分け方

プロフィール

美由紀

最近ダンスを習い始めました。
まだまだ初心者レベルで、人様にお見せできるほどのレベルではございませんが(笑)

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加