頭の打撲、数ヶ月経てからの頭痛

頭を打ったことが原因なのにそれとは気づかない頭痛とは?そのまま何もしなくても本当にいいの?数ヵ月後、忘れた頃に頭痛と共にやってくる脳の病気とは?

頭をぶつけても頭痛などの症状が出るまで気がつかなかった疾病には、主に脳内出血、硬膜下血腫、硬膜外血腫などがありますが、ここでは硬膜下血腫について書きます。脳内出血につきましては脳内出血による頭痛を参照してください。

慢性硬膜下血腫とは

慢性硬膜下血腫というのがあります。これは頭を打ってから数ヶ月経ち(早ければ1ヵ月後)、頭痛や頭が重い感覚の他、手足の麻痺や痺れ、場合によっては耳鳴り、吐き気、失語症や健忘症、意識障害などの症状が出ます。急性硬膜下血腫と違い、徐々に出血することで硬膜とクモ膜との間に血腫ができますので、頭を打った直後では発見できないことも多く、また慢性硬膜下血腫である本人だけでなく周囲の友人や家族でさえ、頭を打って怪我をした過去の出来事をすっかり忘れている場合がありますし、本人が全く覚えていないほど軽い怪我が発端となっている場合もありますので、まさか頭の中に血腫があるとは思わないことが多いのです。

高齢者は特に注意が必要

頭を軽くぶつけただけで慢性硬膜下血腫が必ずしも起こるわけではありませんが、慢性硬膜下血腫が絶対に起こらないというわけではありません。特に高齢者の場合は頭を軽くぶつけただけでも慢性硬膜下血腫が起こる場合が多くありますから要注意です。また高齢者の場合、慢性硬膜下血腫であるにもかかわらず、健忘症、痴呆と間違われることがあります。このことから、実際には慢性硬膜下血腫の悪化が進行しているにもかかわらず、発見が遅れてしまう可能性があります。大げさに捉え過ぎかもしれませんが、対応として一番いいのは、病院の脳外科などでMRIを取ってもらうなど、より厳密な脳の診察を受けることが一番の安心できますし、解決策だと思います。なお慢性硬膜下血腫は高齢者だけでなく乳幼児にも起こりやすいことも付け加えておきます。

慢性硬膜下血腫は病院の診察が必須

慢性硬膜下血腫は女性よりも男性に起こりやすいようです。また急性硬膜下血腫の進行状態によっては手術する場合としない場合があり、手術の場合は頭蓋骨の小さな穴を開けて血腫を取り除きます。稀に手術を必要とせずに自然治癒するケースもありますが、医師の診察による早期発見、早期治療により、完治する可能性が高くなります。逆にそのまま何も対処せずに深刻な症状へ進行すると死に至る可能性もあります。

関連記事

後頭部や顔が痛い神経痛の頭痛 - 慢性的な頭痛に悩まされながら、ときどき顔を針で突き刺したような痛みや後頭部がピリピリするような痛みが起こった。脳に異常があるのだろうか?

下垂体腫瘍による頭痛 - 頭痛とともに、視力低下、視力障害、疲労感や体調不良あったり、体の一部が急激に変化したら、下垂体腫瘍が原因かもしれません。

髄膜炎による後頭部頭痛 - 後頭部の頭痛と長期間の発熱は要注意。ただの風邪だと思っていたら、髄膜炎だったというケースが数多くあります。

脳内出血による頭痛 - 脳内出血による頭痛は、今までに経験したことが無いほどの激しい頭痛が起こるとは限らない。頭痛が殆ど感じられず、そのまま昏睡状態になる場合あり。

脳梗塞による頭痛 - 頭痛は軽いが手足のしびれや麻痺、意識を失う、脳梗塞。早期発見、早期治療を怠ると脳が回復できなくなる怖い病気。脳梗塞の予防とは?初期症状とは?

朝の頭痛は低髄液圧症候群? - 朝起きたときに頭痛がするが時間が経つと楽になる。横になると楽だけど、立っていると頭痛を感じる。頭痛は脳の病気の兆候かもしれません。

朝の頭痛は脳腫瘍? - 朝起きたときの頭痛。起きてしばらくすると頭痛が治まるけど問題ないのだろうか?本当にこのまま放置してもいいのだろうか?頭痛は脳の病気のシグナル。数ヵ月後に発覚した病気とは?

頭を強く打ったときの頭痛 - 頭を強く打ったら病院へ、その場は大丈夫なように見えても生命に危険なことがある。頭を強く打ち、意識が無い場合の注意点とは?心肺停止に関わらず明暗を分けることとは?

くも膜下出血による頭痛 - 命にかかわる怖い病気、くも膜下出血とは?激しい頭痛、後頭部の頭痛が起こるがそれ以外の症状は?くも膜下出血が起こると必ず耐えられないほど激しい頭痛がするのか?一刻を争う手術が必要なくも膜下出血について。

鼻の病気からの頭痛は副鼻腔炎(蓄膿症)? - 慢性化した鼻づまり(蓄膿症)による頭痛の症状、急性と慢性の副鼻腔炎による痛みの違いや症状の違いなどについて。

頭痛分類

片頭痛

片頭痛の特徴とは?兆候とは?痛みの周期を気にしたり、慢性的なものだからと諦めたりせずに対処しよう。時間と場所を選ばずに突然頭の血管が心臓になったかのように吐き気や嘔吐、ストレスと恐怖感が伴う激痛が始まります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛の症状とは?何に注意して対処したらよいのか?肩こりやめまい、片頭痛と合併しているケースもあります。ストレスを軽減しリラックスして楽になっても、その場しのぎだけでは安心できない頭痛です。

頭痛総合

何科で治療してもらえば良いのか迷いますので、症状を分類し、原因、病名、受診科などに総合的にまとめました。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など生命に危険が伴い緊急を要する頭痛から、その他疾病に起因する頭痛まで。

注目記事

片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の見分け方

プロフィール

美由紀

最近ダンスを習い始めました。
まだまだ初心者レベルで、人様にお見せできるほどのレベルではございませんが(笑)

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加