うつ病頭痛

うつ病頭痛とはどのような頭痛でどのような症状が現れるのか?緊張型頭痛とうつ病頭痛の違いとは?うつ病頭痛の方が、なかなか頭痛が改善されない理由は何故なのでしょうか?

うつ病頭痛とは何か?

うつ病頭痛とはうつ病を患っている方が身体の異常がないのに頭痛に似た症状を起こしてしまうことです。うつ病頭痛の場合、頭痛の他に不眠や食欲不振、肩こりや腰痛など、さまざまな症状が複数現れることが多いと思われます。

うつ病頭痛の場合、たいていは緊張型頭痛に近い症状が多いですが、片頭痛や群発頭痛などを引き起こさないわけではありません。

片頭痛や群発頭痛など緊張型頭痛以外の症状が現れる原因はさまざまですが、緊張型頭痛に似た症状の原因は、神経伝達物質であるセロトニンが急激に減少することにより、うつ病頭痛が起こると考えられているのですが、これに伴って精神的ストレスが重なり緊張型頭痛と同じ症状として、うつ病頭痛が現れます。

ただし、人間の心の作用は複雑ですので、ここに書いていることは一例にすぎませんし、うつ病とは関係ない頭痛も考えられます。自己判断せずに必ず医師の診察を受けることをオススメします。

うつ病頭痛の人は自分がうつ病だとは思っていない

すべてではないのですが、病院に行っても異常なく原因不明の頭痛に悩まされている人の一部は、このうつ病頭痛の可能性があるようです。病院かどこかで聞いたか見たか忘れてしまいましたが、原因がはっきり分からない緊張型頭痛の内4人か5人に1人はうつ病頭痛に該当するようです。

医師の診察を受けるハードルを高くしている理由

治療に訪れている人のご家族や友人など周りの誰もが本人をうつ病だと認識しているようなのですが、当の本人は全く自分がうつ病だと思っていないケースが多いようで、それどころか本人にうつ病の可能性があることも否定し、神経科や心療内科などの診察をも拒んでいるとのことでした。

うつ病頭痛の可能性があるなら

心理カウンセリングだけでは身体の痛みに対するケアーができません。総合的に治療するには、最初に頭痛外来を受診する形だとしても、やはり心療内科や神経科で診察を受けるべきであると相手に伝えるか、本人が自ら納得してもらうしかありません。

うつ病頭痛の場合はどうしても頭痛やその他腰痛や肩こりなどに目が向いてしまうので、なかなかその根本にあるうつ病を治療しようとはしませんし、本人も認めたくない気持ちがあるのかもしれません。結局、頭痛などのケアーをしながら、うつ病を治さない限りは根本的な治療にはならないのだろうと思います。

もし、うつ病頭痛の可能性が少しでも感じられるのなら、心療内科や神経科などを受診するべきだろうと私は思いますし、友人や家族がうつ病頭痛だったりしても、絶対病院へ連れて行くだろうと思います。

関連記事

緊張型頭痛は精神的ストレスの頭痛なの? - 精神的ストレスが緊張型頭痛の原因なるなんて本当なの?精神的ストレスが緊張型頭痛の悪循環を強くさせる理由とは?身体的ストレスからの緊張型頭痛から精神的ストレスへ移ってしまうメカニズムとは?

片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の見分け方 - 片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の主な違いについて書いています。頭痛に無縁な方にとって、頭痛はどれも同じだなんて思うかもしれませんが、相違点は意外と多いものです。

鼻の病気からの頭痛は副鼻腔炎(蓄膿症)? - 慢性化した鼻づまり(蓄膿症)による頭痛の症状、急性と慢性の副鼻腔炎による痛みの違いや症状の違いなどについて。

眼瞼下垂症による緊張型頭痛 - 眼瞼下垂症により、緊張型頭痛を発症することがある。眼瞼下垂症は、加齢によるものだけとは限りません。

眼精疲労による頭痛 - 眼精疲労で頭痛の症状が出ることが多い。眼精疲労は目が疲れただけと安心してはなりません。頭痛以外にもさまざまな病気の原因となる可能性があります。

目の病気からの頭痛は緑内障? - 緑内障は目の病気ですが、頭痛が起こります。慢性と急性の緑内障では頭痛の痛みや症状が異なります。特に激しい頭痛は緑内障が原因であっても急性であり、救急治療が必要なのです。

ラムゼイ・ハント症候群と頭痛 - 顔面に痒みや麻痺などに伴う頭痛はラムゼイ・ハント症候群かもしれません。一刻も早く医師の診察を受けよう。

後頭部や顔が痛い神経痛の頭痛 - 慢性的な頭痛に悩まされながら、ときどき顔を針で突き刺したような痛みや後頭部がピリピリするような痛みが起こった。脳に異常があるのだろうか?

下垂体腫瘍による頭痛 - 頭痛とともに、視力低下、視力障害、疲労感や体調不良あったり、体の一部が急激に変化したら、下垂体腫瘍が原因かもしれません。

髄膜炎による後頭部頭痛 - 後頭部の頭痛と長期間の発熱は要注意。ただの風邪だと思っていたら、髄膜炎だったというケースが数多くあります。

頭痛分類

片頭痛

片頭痛の特徴とは?兆候とは?痛みの周期を気にしたり、慢性的なものだからと諦めたりせずに対処しよう。時間と場所を選ばずに突然頭の血管が心臓になったかのように吐き気や嘔吐、ストレスと恐怖感が伴う激痛が始まります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛の症状とは?何に注意して対処したらよいのか?肩こりやめまい、片頭痛と合併しているケースもあります。ストレスを軽減しリラックスして楽になっても、その場しのぎだけでは安心できない頭痛です。

頭痛総合

何科で治療してもらえば良いのか迷いますので、症状を分類し、原因、病名、受診科などに総合的にまとめました。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など生命に危険が伴い緊急を要する頭痛から、その他疾病に起因する頭痛まで。

注目記事

片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の見分け方

プロフィール

美由紀

最近ダンスを習い始めました。
まだまだ初心者レベルで、人様にお見せできるほどのレベルではございませんが(笑)

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加