眼瞼下垂症による緊張型頭痛

眼瞼下垂症により、緊張型頭痛を発症することがある。眼瞼下垂症は、加齢によるものだけとは限りません。

眼瞼下垂症と頭痛

眼瞼下垂症による頭痛、とりわけ緊張型頭痛が生じることがあります。たいていは頭痛だけでなく、肩こりなどを併発することも多く、また個人差がありますが、吐き気やめまいを起こすこともあります。 ただし注意してください。緊張型頭痛になる原因の一つとして眼瞼下垂症が考えられるだけです。もし今、緊張型頭痛の症状があるとして、眼瞼下垂症を治療して治せば、緊張型頭痛から開放されるとは限りません。

眼瞼下垂症とは?

眼瞼下垂症とは、上まぶたが引き上げられなくなったり、垂れ下がるなどして、目が開けにくくなる病気です。上まぶたは薄い皮のように思いがちですが、まぶたと眼球の間に瞼板と呼ばれる軟骨組織があります。目を開くとは、上まぶたを引き上げる動きであり、これは上眼瞼挙筋によるものですが、上眼瞼挙筋が腱摸とミュラー筋と接合した瞼板を引き上げる動きになります。このとき腱摸が主であり、ミュラー筋は補助として働きますが、腱摸が断絶するなどの影響で働きが弱くなるとミュラー筋が動くことになります。このミュラー筋は自律神経と連関しているため、ミュラー筋に負担を掛けることで体のバランスを崩しやすくなります。

また一重まぶたを二重まぶたのように綺麗に見せるなどの目的として、自己流でまぶたを擦ったり力を加えたりすると、まぶたに過度な負担が掛かります。これにより、まぶたが炎症を起こしたりはれ上がったりして、逆に眼瞼下垂症になりますので注意してください。年齢が若いときは皮膚の回復が早いので、あまり気にならないと思いますが。

なぜ緊張型頭痛が生じるのか?

眼瞼下垂症により、肩こりが生じやすくなるため、緊張型頭痛になりやすくなります。また上まぶたを挙げることが困難になるにつれ、眉毛を上に上げる前頭筋などにも無意識に負担が掛かります。特に前頭筋が緊張状態が長く続くことで緊張型頭痛が生じやすくなると考えられます。

ただし繰り返しになりますが、緊張型頭痛の原因すべてが眼瞼下垂症ではありませんので、眼瞼下垂症さえ治療すれば緊張型頭痛にならないというわけではありませんので注意してくださいね。

医師に診察してもらおう

明らかに眼瞼下垂症と思われる場合は、眼科にて医師の診察を受けることが良いと思いますが、頭痛の原因すべてが眼瞼下垂症によるものと断定することは危険です。脳神経外科、頭痛外来などで診察を受けた後、または並行しながら、医師と相談の上、眼瞼下垂症の診察を受ける形が良いと思われます。

関連記事

眼精疲労による頭痛 - 眼精疲労で頭痛の症状が出ることが多い。眼精疲労は目が疲れただけと安心してはなりません。頭痛以外にもさまざまな病気の原因となる可能性があります。

目の病気からの頭痛は緑内障? - 緑内障は目の病気ですが、頭痛が起こります。慢性と急性の緑内障では頭痛の痛みや症状が異なります。特に激しい頭痛は緑内障が原因であっても急性であり、救急治療が必要なのです。

緊張型頭痛が片頭痛になった - 片頭痛と緊張型頭痛が混合して両方持つことなんてあるの?頭痛が混合しているのは特別なことなの?頭痛が起こったら頭を冷やしたらいいのか温めたらいいのかな?緊張型頭痛が片頭痛を誘発するって本当?

緊張型頭痛は精神的ストレスの頭痛なの? - 精神的ストレスが緊張型頭痛の原因なるなんて本当なの?精神的ストレスが緊張型頭痛の悪循環を強くさせる理由とは?身体的ストレスからの緊張型頭痛から精神的ストレスへ移ってしまうメカニズムとは?

緊張型頭痛は身体的ストレスの頭痛なの? - 身体的ストレスが緊張型頭痛の原因なの?自分自身では気がつかなくても身体的ストレスが発生しているの?身体的ストレスを少なくして緊張型頭痛を緩和する方法はあるの?

鼻の病気からの頭痛は副鼻腔炎(蓄膿症)? - 慢性化した鼻づまり(蓄膿症)による頭痛の症状、急性と慢性の副鼻腔炎による痛みの違いや症状の違いなどについて。

ラムゼイ・ハント症候群と頭痛 - 顔面に痒みや麻痺などに伴う頭痛はラムゼイ・ハント症候群かもしれません。一刻も早く医師の診察を受けよう。

後頭部や顔が痛い神経痛の頭痛 - 慢性的な頭痛に悩まされながら、ときどき顔を針で突き刺したような痛みや後頭部がピリピリするような痛みが起こった。脳に異常があるのだろうか?

下垂体腫瘍による頭痛 - 頭痛とともに、視力低下、視力障害、疲労感や体調不良あったり、体の一部が急激に変化したら、下垂体腫瘍が原因かもしれません。

髄膜炎による後頭部頭痛 - 後頭部の頭痛と長期間の発熱は要注意。ただの風邪だと思っていたら、髄膜炎だったというケースが数多くあります。

頭痛分類

片頭痛

片頭痛の特徴とは?兆候とは?痛みの周期を気にしたり、慢性的なものだからと諦めたりせずに対処しよう。時間と場所を選ばずに突然頭の血管が心臓になったかのように吐き気や嘔吐、ストレスと恐怖感が伴う激痛が始まります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛の症状とは?何に注意して対処したらよいのか?肩こりやめまい、片頭痛と合併しているケースもあります。ストレスを軽減しリラックスして楽になっても、その場しのぎだけでは安心できない頭痛です。

頭痛総合

何科で治療してもらえば良いのか迷いますので、症状を分類し、原因、病名、受診科などに総合的にまとめました。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など生命に危険が伴い緊急を要する頭痛から、その他疾病に起因する頭痛まで。

注目記事

片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の見分け方

著者情報

美由紀

最近ダンスを習い始めました。
まだまだ初心者レベルで、人様にお見せできるほどのレベルではございませんが(笑)

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加