頭が痛い病気と症状

片頭痛、緊張型頭痛から脳の病気の頭痛まで症状や原因、対処法、体験談など。少しでもあなたのお役に立てますように。頭の痛みを楽観視せずに病気の前兆やシグナルと認識することが大切です。

楽観していた生活

実は私も頭痛もちだったのです。今は痛みが解消されて楽になりました。最近は病院などで専門に診察を受け付けてくれる頭痛外来も多くなってきましたが、当時は専門の外来を知らず痛み止めで対処したり、ツボをマッサージしたりしていました。

もしかしたら自覚していないだけで神経質な性格なのかもしれないけど、生理前後、貧血など血圧の変化、睡眠不足があっても症状が我慢できなくなるほど悪くなることもなかったので、根本的な治療など考えずに(逃げていたのかもしれません)その場しのぎで、自分の身体をあまり気にしていなかったのです。

今振り返って思えば、私の中では頭痛の症状がそれ程ひどくなかった時期だったと思われます。この時点で医師に相談し対処しておくべきでした。

妊娠・出産が転機に

頭痛から開放されて、さわやかな気分

妊娠初期の頃から今までとは痛みの頻度も大きさも全く違う頭痛が始まり、そのまま妊娠中も悩まされるようになりました。肩こり、めまいや吐き気、倦怠感を伴った、血管が波打つような頭痛(緊張型頭痛と片頭痛が合わさった混合型だと思われます)です。ところが、妊娠後期にこれらの症状が治まったので、これから先も頭痛の痛みに悩まされることはないと希望を持っていたのです。

しかしその希望は打ち砕かれます。出産後しばらくしてから、妊娠前よりもひどい症状が定期的に。頭痛が慢性化したみたいだった。それでも痛みに耐えていたのですが、子供が病気になると心配したり悩んだりしたの。

風邪やインフルエンザ、花粉症などで子供が頭痛になったりして、それでアレルギー体質の傾向や症状についていろいろ調べてみたら、脳の病気を要因とする、さまざまな種類や症状、要因があって日本には多くの人が頭痛に悩んでいることを知ったの。そして私自身も本格的に頭痛治療に専念することにしたの。

必ず病院などの医療機関へ

今まで受けたことがない痛みを経験したり、症状がひどかったりしたら、スグに病院へ行ってドクターの診断を受けてくださいね。くも膜下出血や脳出血、脳梗塞、髄膜炎など怖い疾病もあるから。それと以前から軽い頭痛で医療機関へ行ったことがない場合も、一人で悩んでいないで必ず病院などの医療機関へ行ってくださいね。最近は専門の外来を受け付けている医療機関も増えてきましたよ。

もう悩まない

今はすっかり子供も私も痛みから解放されて楽になったの。あなたにとって、このサイトが少しでもお役に立てるなら、とても嬉しいです。

最新(更新)記事

うつ病頭痛 - うつ病頭痛とはどのような頭痛でどのような症状が現れるのか?緊張型頭痛とうつ病頭痛の違いとは?うつ病頭痛の方が、なかなか頭痛が改善されない理由は何故なのでしょうか?

片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の見分け方 - 片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の主な違いについて書いています。頭痛に無縁な方にとって、頭痛はどれも同じだなんて思うかもしれませんが、相違点は意外と多いものです。

群発頭痛の原因、対処、禁止事項とは? - 頭を抱えて転げまわるほど激しい痛みで男性に多いとされる群発頭痛。痛みの原因とは?何に注意をしてどう対処すれば良いのか?もし群発頭痛である場合、発生頻度を軽減するために必要なことと禁止事項について。

髄膜炎による後頭部頭痛 - 後頭部の頭痛と長期間の発熱は要注意。ただの風邪だと思っていたら、髄膜炎だったというケースが数多くあります。

鼻の病気からの頭痛は副鼻腔炎(蓄膿症)? - 慢性化した鼻づまり(蓄膿症)による頭痛の症状、急性と慢性の副鼻腔炎による痛みの違いや症状の違いなどについて。

緊張型頭痛が片頭痛になった - 片頭痛と緊張型頭痛が混合して両方持つことなんてあるの?頭痛が混合しているのは特別なことなの?頭痛が起こったら頭を冷やしたらいいのか温めたらいいのかな?緊張型頭痛が片頭痛を誘発するって本当?

眼瞼下垂症による緊張型頭痛 - 眼瞼下垂症により、緊張型頭痛を発症することがある。眼瞼下垂症は、加齢によるものだけとは限りません。

眼精疲労による頭痛 - 眼精疲労で頭痛の症状が出ることが多い。眼精疲労は目が疲れただけと安心してはなりません。頭痛以外にもさまざまな病気の原因となる可能性があります。

目の病気からの頭痛は緑内障? - 緑内障は目の病気ですが、頭痛が起こります。慢性と急性の緑内障では頭痛の痛みや症状が異なります。特に激しい頭痛は緑内障が原因であっても急性であり、救急治療が必要なのです。

ラムゼイ・ハント症候群と頭痛 - 顔面に痒みや麻痺などに伴う頭痛はラムゼイ・ハント症候群かもしれません。一刻も早く医師の診察を受けよう。

頭痛分類

片頭痛

片頭痛の特徴とは?兆候とは?痛みの周期を気にしたり、慢性的なものだからと諦めたりせずに対処しよう。時間と場所を選ばずに突然頭の血管が心臓になったかのように吐き気や嘔吐、ストレスと恐怖感が伴う激痛が始まります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛の症状とは?何に注意して対処したらよいのか?肩こりやめまい、片頭痛と合併しているケースもあります。ストレスを軽減しリラックスして楽になっても、その場しのぎだけでは安心できない頭痛です。

頭痛総合

何科で治療してもらえば良いのか迷いますので、症状を分類し、原因、病名、受診科などに総合的にまとめました。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など生命に危険が伴い緊急を要する頭痛から、その他疾病に起因する頭痛まで。

注目記事

片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の見分け方

著者情報

美由紀

最近ダンスを習い始めました。
まだまだ初心者レベルで、人様にお見せできるほどのレベルではございませんが(笑)

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新日 2017年05月02日